地域の交通安全を願って ~ダイバー君3号機~

朝日新聞夕刊北海道版に H26.11.21号

  •  2005年から地域の交通安全を願い設置している『ダイバー君』が、平成26年11月21日発刊の朝日新聞夕刊で「まち歩きススメ ■異風景編」の連載記事の中で紹介されました。記事では、まち文化研究所の塚田敏信氏(現在藤女子大学講師)の取材を受け、ダイバー君の生い立ちや地域での悲願について掲載されています。現在ダイバー君は10月末で外勤を終え、冬期間の交通安全を祈りながら次の春の出番を待っています。

るもいの長寿企業で紹介 ~海に特化した職人の集団~

日刊留萌新聞に掲載 H26.11.9号

  •  平成26年11月9日付の日刊留萌新聞に当社の沿革や堀松誠社長の経歴等が紹介されました。留萌新聞連載企画の、るもい長寿企業【34】の中で当社を取り上げ、創業87年の中で時代に応じた会社の形に変えて現在に至っているが、初代から変わらず受け継がれているのは、当社が海に特化した職人の集団ということ。より良いものを作り込んでお客さまに提供するという白鳥イズムをしっかり受け継ぎ、人にやさしい海づくりをスローガンに社員一丸となって地域に愛され、必要とされる会社を目指しますと堀松社長のコメントが紹介されています。

今月の顔に当社水澤卓也さん紹介 ~「暑寒3号」船団長~

会議所News表紙で紹介 H26.9月号

  •  平成26年9月号の留萌商工会議所Newsの今月の顔として、入社19年目の水澤卓也さんがイケメンモデル並みの決めポーズを決めて取材を受けました。 超~カッコイイですね!(^^)! 当日は浚渫作業を行っていて大型起重機船「暑寒3号」を運転し留萌港へ安全に入港出来る様に浅い箇所丁寧に浚渫していました。

花火大会で警戒活動・ゴミ啓発垂れ幕寄贈 ~竹野工事次長、堀松社長~

留萌市より感謝状贈呈 H26.8.20

  •  留萌市より8月20日当社に対し、地域貢献活動と物品寄与に対する感謝状が贈呈されました。当社は留萌市が7月5日から8月16日までの計6回、毎週土曜日夜にゴールデンビーチるもいで実施した留萌海岸花火で、北突堤から花火を打ち上げる際、無償で作業船1隻を運航し、保安区域内に人が入らないよう海上で警戒活動を行った。3年目となる今年を含め計19回に及んでいる。また、7月8日にゴールデンビーチるもいに設置した「ゴミ持ち帰り」啓発用垂れ幕2枚を寄贈した。贈呈式は、午前9時から市役所市長室で行われ、高橋定俊市長は堀松社長に啓発垂れ幕寄贈、竹野工事次長に海岸花火警戒活動に対する感謝状をそれぞれ手渡し、「市政に大きく寄与するものであり、深く感謝します」とお礼を述べられました。