無事故・無災害の継続を目指し ~冬季施工に於いての海中転落防止対策について~

業界初? ドローンを使用して店社安全パトロール(2月度) H28.2.9開催

  •  今月の店社安全パトロールは、天塩港と初浦漁港の浚渫工事を当社役職員により実施しました。厳しい冬期間の施工とあって、海中転落防止を重点対策として巡視しました。天塩港においては、元請の堀松建設工業㈱と合同で実施し、上空からドローンを使用して危険個所等を協議検討し、是正しました。初浦漁港に於いても、時折吹雪の中浚渫船からの視界等を確認し、両現場に於いて海中転落防止対策について話し合いを行い、危険個所の是正を実施しました。今後も、無事故・無災害の継続を参加者や現場担当者と再確認しました。
  •  
  •  
  •  
無事故・無災害の継続を目指し ~職場発!心と体の健康チェック はじまる広がる健康職場~

安全衛生大会・店社安全パトロール(10月度) H27.10.1開催

  •  10月1日第66回全国衛生週間に伴ない、早朝より全従業員を集め女性職員によるラジオ体操、堀松社長より訓示、管理部長による健康チェックリストによる健康管理について講話をしました。堀松社長より「安全な職場何処にもない一人一人が安全・健康管理について再認識して無事故・無災害を継続しようと」呼びかけました。
  • その後、管内の3現場を安全パトロールし各現場の安全意識の向上を確認しました。
無事故・無災害の継続を目指し ~女性の観点から工事現場を見て!!~

店社安全パトロール(8月度) H27.8.12開催

  •  今月の店社安全パトロールは、役職員8名と4月に入社した総務部総務課の女性職員の観点から工事現場を見て頂き、やさしい物作りの参考にしようと同行しました。現場は増毛町で製作しているタコ漁礁の現場と、留萌では船場公園造成現場や留萌川改修現場等を視察して危険の芽を一つ一つ皆で摘み取りました。女性職員も我社で現在どの様な物づくりをしているか興味を持ち、積極的に現場内を見学し現場所長に活発な意見や質問をぶつけていました。
無事故・無災害の継続を目指し ~徹底しようゼロ災害と安全活動!!~

店社安全パトロール(5月度) H27.5.28or29開催

  •  今年度第1回(5月度)安全パトロールを、28日宮城県日門漁港と29日留萌方面の2現場で開催した。28日の宮城県南三陸の日門漁港では、今年で2年目を向え完成を目指している田中所長と当社齊藤企画部長、松澤主任によりパトロールを実施しました。当日は潜水士によるアンカーブロック撤去作業を見回り、機械設備の点検や安全日誌等を確認して安全活動の点検を行いました。
  • 29日は当社役職員7名により、留萌建設管理部発注の留萌海岸(沖見地区)現場を視察し、現場代理人の後藤より概要や進捗状況の説明を受け、船舶や海中転落防止措置を確認した。その後留萌開発建設部発注の留萌川 導流堤現場に移り現場代理人の今より概要、進捗等の説明を受け設備や日々の安全活動を確認し、無災害継続に向けて役職員と現場サイドで再確認しました。
~北海道で初上陸~ NETIS登録 省エネシステムGモード搭載

新型クローラークレーン安全祈願祭 H27.5.15開催

  •  平成2年より当社で大活躍した80t吊クローラークレーン(F&G-7080)が、25年間の任務を終え引退する運びとなりました。替って北海道初上陸の最新型80t吊クローラークレーン(F&G-BM800G)がコベルコクレーン㈱様より導入されました。この機種は、NETIS登録の 省エネシステムGモードを搭載し、燃料消費量を従来機比最大25%カットでき、環境に対して特段優れています。15日10時より当社機材センターに於いて、関係各社により安全祈願祭を執り行ない、今後の作業安全を祈願しました。

無事故・無災害継続誓い ~声を掛け合って安全作業~

平成27年度 安全大会 H27.5.15開催

  •  当社の平成27年安全大会が、15日午後1時30分より留萌市中央公民館にて開催され、安全目標や実施計画を確認したほか、役職員らが講話を通して無事故・無災害の誓いを新たにした。当社は「働く人のかけがえのない命を守る」を企業理念とし、安全衛生計画を立てて安全、健康、快適職場などの実現に取り組んでいます。安全大会には、協力会社を含む約50人の役職員が参加。堀松社長が「安全なんてどこにもない。私達の身の回りには常に危険があるいう事を忘れないでほしい。現場ではしっかり声を掛け合おう。危険の芽は早いうちに摘むこと。安全大会から多くの事を学び、役に立ててほしい」とあいさつ。このあと、留萌労働基準監督署の大艸豊誠監督・安衛課長が「建設工事における労働災害防止」、留萌海上保安部交通課の小島隆弘航行援助管理官と同課の佐藤志伸安全係長が「海上作業事故防止対策」をテーマに講話し安全対策の徹底を強調した。最後に、従業員を代表して鈴木将太が安全就労への決意を宣言しました。
  •